img_02

歯医者における保険診療の位置づけ

何らかの医療サービスを受ける場合、健康保険証を使うものであるという認識は多くの人が共有しています。
中にはその様な健康保険適用対象外の治療があることは認識していても、その様な治療は一般的に特別なものであり自分には関係ないものであると感じていたり、保険適用の治療で十分であるという認識を持っている人が少なくありません。

しかしながら歯医者の側からしてみると保険診療で行われている歯科治療の多くは必ずしも推奨できる治療法ばかりではないと言えるのです。

現在の技術であればより上質な治療を行うことが出来る半面、現在の保険制度では保険適用が行われないと定められている治療であると言うだけのことであり、歯医者で受けることが出来る治療の質とは関連が無いのです。例えば何らかの事情で歯を失ってしまった場合の治療は長く部分入れ歯やさし歯、または総入れ歯でした。

このいずれも現在の歯科医療においては最良の選択肢とは限りません。

iemoを調べるならこのサイトです。

特に部分入れ歯は健康な歯を削る必要がある場合も多く、望ましくないとさえ言われる場合があるのです。

この様なケースの場合近年では歯科インプラントによる治療が多くの面で優れているとわかっていますが、それでも特別なケースを除いて健康保険の対象にはならないのです。



そのため歯科医療の現場においては保険診療の位置づけは必要最低限の治療でしかなく、より推奨したい最新の治療技術の多くは保険適用外となっているのです。



歯医者にはこの様な現実があります。